殿部、つまりお尻の部分ですが、体表に近い方から大殿筋中殿筋、いちばん深部に小殿筋があり、それらは股関節を包むように骨盤から大腿骨に付着しています。

「腰が痛い」と言ってお尻をおさえてぎこちない歩き方で来られる患者さんもよく見かけます。その押さえている場所が、「腰の部分」に入るのか「股関節の部分」になるのかはどちらでも良いことですが、筋肉の作用的に言えば「股関節の筋肉」になるようです。

ちなみにゴリラの筋肉は人間と比べ物にならないほどに大きく強力ですが、大殿筋が人間ほど発達していないので股関節が伸ばせず、前かがみになり補助的に手を着いてノロノロと歩きます。
お年寄りの方で腰を曲げ、杖をつくのは同じような事で、それは大殿筋の弱退化を意味します。

大殿筋
「Clinical massage」James H.clay/David M.pounds著・医道の日本社刊

さて、この「腰か股関節か」というところが、単純な疾患をやたら小難しくしてしまいます。殿筋の痛みの本態は、ちょっとした外力やストレスによる筋肉のこわばりから来る短縮痛です。よく触診すればたいがい筋硬結(しこり)が触知できます。

その筋硬結(しこり)の部分を治療すればいいだけのことなのに、なぜか腰や股関節に目が行く先生方が多いようです。
特に小殿筋や中殿筋を痛めると、腰から大腿、ふくらはぎにまで痛みやしびれが出ることがあります。
こういった症状が出ると、古い考え方ならまず間違いなく腰の神経が云々、椎間板がどうのこうのというお話になります。
それに大殿筋の拮抗筋(対になる筋肉)は腸腰筋ですから、大殿筋が機嫌を損ねればすぐさま腸腰筋も正常ではなくなり、下腹から股の付け根にかけて痛みを出します。
そうなると今度は、机の上に股関節の骨格模型が置かれ、大腿骨と骨盤の軟骨云々、隙間がどうのこうのと、人工関節のお話をご拝聴となります。

●腸腰筋の関連痛●
腸腰筋の関連痛腸腰筋の関連痛

●小殿筋の関連痛●
小殿筋の関連痛
「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」Dimitrios Kostopoulos & konstantine Rizopoulos著・医道の日本社刊

ある程度の年齢になれば、自然な老化現象としてかなりの確率で腰にヘルニアが見つかりますし、股関節の軟骨がすり減ったり、多少の変形もあるでしょうが、生理学的に痛みの原因にはなり得ません。

では、ヘルニアがあって股関節の変形のある患者さんは、何が痛みの原因とされるのでしょうか。
その病院でヘルニアと股関節、どちらの手術が流行しているかで決まるのでしょうが、いずれにしても「犠牲者」が又ひとり生まれるだけです。

どうして痛みの元凶である筋肉を通り過ぎて、骨自体に問題が飛んでしまうのでしょうか。レントゲンには映らないから説明のしようがないので、あえて無視なのでしょうか。
骨折や腫瘍、感染症の有無さえ確認すれば、あとは骨には用が無いはずですが、何をどう痛みと結びつけたいのでしょうか。
(「ほねつぎ」の立場で言うのも変な話ですが・・・。)

それに初期ならば、その部分の筋硬結さえ取れば以外と簡単に痛みは治ります。それを、やれ腰だ、いや股関節だと見当違いな所をいじくり回されているうちに筋硬結は広範囲に及び、痛みも増してきます。

痛みが増せば今度は「安静、運動禁止」とのありがたい指示が出され、忠実に指示を守った正直者の患者さんの筋肉はさらにこわばり、痛みもさらに増していく、そこまでくれば実に器用に意味の無いヘルニアや、ただの老化現象と思われるわずかな変形を見つけてくださった先生の仰せの通り「手術」しか頼るものは無い、という訳です。 ・・・かと言って、お偉い先生の御指示には逆らえないし・・・。

患者さんもなかなかたいへんです・・・。